新着情報Topics

日本の食文化 おせち料理について

2019.12.20

日本の食文化  おせち!

おせち料理は、新年に幸せをもたらす歳神様といっしょに家族そろって食べるごちそう と言われています。
おせち料理に保存食や作り置きが多いのは、歳神様を迎えている間は、物音を立てることや、煮炊きをすることを慎むためという説もあります。
重箱に詰める料理一つ一つに、さまざまな願いがこめられています。


黒豆・・【黒い大豆を甘く煮たもの】 まめ(誠実)に働き、健康に過ごせますように  無病息災

なます・・【大根やニンジンの酢の物】 紅白で縁起がよい

こぶ巻き・・ 【魚をコンブ(こぶ)で巻いた煮たもの】 「こぶ=よろこぶ」から、喜びが広がりますように

煮物
れんこん・・先の見通しがよくなりますように

エビ・・ 腰が曲がるまで長生きできますように  長寿

田作り(ごまめ)・・【小さいイワシを干したもの。甘辛い味】 作物がいっぱいとれますように  豊作祈願

紅白かまぼこ・・【魚のすり身を蒸したもの】 日の出の象徴

数の子・・【ニシンの卵を調理したもの】 子宝に恵まれますように 子孫繫盛

だて巻き・・【卵と魚のすり身を甘く味つけして焼いたもの】 知恵が増えますように

きんとん・・【くりや豆、さつま芋を甘く煮て一部を裏ごしたもの】 お金持ちになりますように  金運・商売繫盛
     
皆さん知っていましたか?
日本の伝統には、色んな意味があるのだと思いました。
これからも ずっと続いて行く行事だと思います。

お問い合わせ

住まいのことならまずはお気軽にお問い合わせください。
「まだまだ検討段階だけど、ちょっと話しを聞いてみたい」
「一軒屋ってどれくらいで建てれるのかな?」
など、ちょっとしたご相談、ご質問も大歓迎です。

TEL
0947-32-5910
フリーダイヤル
0120-18-1940
受付時間
9:00~17:00
定休日
日曜日
  • 事前にご連絡をいただければ、日曜日のお打合せにも柔軟に対応します。
PAGE TOP